切り方

いわしの捌き方<包丁さばき>と<手さばき>

お刺身や焼き物、フライなど様々な食べ方が楽しめるポピュラーな魚のイワシは、スーパーなどでも比較的手に入りやすく、調理しやすい魚の一つです。お刺身など調理済みのものを買うより、丸々1匹を買う方がお安く入手できるので、ぜひ捌き方を習得して、お料理にご活用ください。

イワシには、包丁でさばく方法と手でさばく方法があります。イワシは骨が柔らかいので、どちらの方法でも比較的手軽にさばけます。どちらも写真と動画でわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください!

献立アプリの決定版!ソラレピアプリで夕飯解決

いわしの包丁でのさばき方

お刺身など、身を美しく見せたい場合などには包丁でさばくのがオススメです。

いわしの包丁でのさばき方動画

いわしの包丁でのさばき方を写真でご紹介

1.胸びれの付け根から、刃を入れて頭を切り落とす
両面の胸びれの付け根から、刃を入れて頭を切り落とす

2.頭側から腹を裂いていく
頭側から腹を裂いていく。もしくは、腹を数ミリ切り落とす

3.内臓を取り出して、中身をきれいに洗う
内臓を取り出して、中身をきれいに洗う

4.頭側から中骨に沿って刃を入れ、中骨と身を剥がしていく
頭側から中骨に沿って刃を入れ、中骨と身を剥がすようにさいていく

5.反対側も同様に剥がす
反対側も同様にさく

イワシの3枚おろし
ここまでで、こんな感じに捌けます。

6・腹骨が気になる場合は、削ぎ取る
中骨が気になる場合は削ぐ

7.皮が気になる場合は、頭側から剥ぐ
皮を剥く

お刺身などの場合は、皮を剥いでおくと食べやすいです。

いわしの手開きの方法

フライやミンチにして使用する場合には、簡単な手開きがオススメです。

いわしの手さばき動画

いわしの手さばきを写真でご紹介

1.エラに指を入れて、背骨を折り、腹側に引っ張るように頭をちぎる
エラに指を入れて、背骨を折り、腹側に引っ張るように頭をちぎる

ちぎった頭
こんな感じにちぎれます。

2.頭側から腹に指を入れ、腹を裂く
頭側から腹に指を入れ、腹を裂く

3.内臓を取り出し、中身をしっかりと水洗いする
内臓を取り出し、中身をしっかりと水洗いする

4.中骨の上に沿って両側の腹を裂いて開いていく
中骨の上に沿って両側の腹を裂いて開いていく

反対側の中骨もゆっくりととる
反対側も同様にゆっくりと中骨をはがしていきます。

5.中骨をとりさる
中骨をとりさる
浮いた中骨を剥がして行く。

6.腹骨が気になる場合は、削ぎ取り、皮が気になる場合も剥いでおく
こちらは、包丁でさばく場合と同様です。

献立アプリの決定版!ソラレピアプリで夕飯解決

↓参考になった!と思ったら、ブクマorシェアしてね♪↓

関連記事