基本の料理

手作りが嬉しい!基本の肉じゃがの作り方

おふくろの味、または彼女に作って欲しい料理の代表格「肉じゃが」。それぞれのご家庭の味が強く出る料理の一つです。また、お料理を始めたばかりの方が挑戦するのにも、程良い簡単さなので、意外と男性でも作れる方が多いレシピでもあります。今回は、そんな肉じゃがの基本の作り方をご紹介します。

献立アプリの決定版!ソラレピアプリで夕飯解決

肉じゃがは牛肉派?豚肉派?

肉じゃがといえば、牛肉派と豚肉派に分かれる料理です。関東や東北などは豚肉派が多く、関西以南は牛肉派が多く、また牛や豚の産地の県は入手しやすい肉を使うなどの理由で分かれることが多いようです。
もともとはビーフシチューを作ろうして、材料が足りなくて出来た料理だという説もあるようですが、現在の日本ではカレーと作り方が似ているので、途中まで多めに作って、肉じゃがとカレーどちらも作ってしまい保存しておくなんてご家庭も多いようです。牛肉でも豚肉でも、それぞれ個性があって美味しいことに変わりはないですね。

肉じゃがの作り方

肉じゃがの作り方
<材料(2人分)>

牛肉または豚肉 100g
タマネギ 1個
ジャガイモ 中3個
ニンジン 1/2本
 適量

カツオ出汁 300ml
砂糖 大さじ2(18g)
みりん 大さじ1(18g)
醤油 大さじ2(36g)

インゲン 1本(飾り用)

<作り方>
1.鍋に油をしき、中火で豚肉を炒める。火が通ったらタマネギとニンジンを加え炒める。
具材を炒めて油をからめる

2.タマネギがしんなりしたらジャガイモの水気を切って加え、油が全体に絡まるように炒める。
全ての具材に油をからめる

油を野菜全体に絡めることによって、荷崩れ防止にもなります。

3.カツオ出汁を注ぎ、砂糖、みりん、醤油の順に調味料を入れ、落としぶたをして弱火で15分程煮込み、野菜に火が通ったら火を止め、味をしみ込ませる。
調味料を入れて煮込む

余裕がある場合は、砂糖とみりんを先に入れて野菜に火が通るまで煮込み、最後の仕上げに醤油を加えると、より甘味が浸透しやすいです。

4.インゲンはラップをして600Wの電子レンジに20秒程かける。火が通ったら斜め切りにし、肉じゃがの上に飾る
いんげんを飾る
インゲンやサヤインゲンを加えると、彩りが良くなります。

肉じゃがの作り方動画

肉じゃがと合せたい献立メニュー

肉じゃがを含む献立って、意外と難しいですよね。主菜ではありますが、ご飯と合せるには少し物足りなかったり、お肉を使用するので、別の肉料理を添えるのに抵抗があったり。
そこで、今回管理栄養士監修のもと、おすすめの肉じゃが入り献立をご紹介いたします。栄養バランスばっちり、満足感もある献立なので、ぜひお試しください。

炊き込みご飯と合せる献立

炊き込みご飯を炊いている間に、とっても簡単にレンジで作れる1品副菜と肉じゃがを作れば、お手軽献立に!

お魚と合せる献立

肉じゃがを作った後は、もう手の込んだ料理はイヤ!そんなあなたに、茹でて合せ調味料をかけるだけの簡単お魚料理をご提案。肉じゃがのこってり感と梅肉ソースのさっぱり感で、飽きのこない献立に。

簡単調理の副菜献立

具材を詰めて焼くだけの包み焼きは、トースターでの調理も可能です。酢の物は包丁で材料を切って、調味料と和えるだけの簡単調理!肉じゃがを煮込んでいる間にぱぱっと作れて、バランスばっちりのお手軽献立です。

献立アプリの決定版!ソラレピアプリで夕飯解決

↓役立った、作りたい!と思ったらブクマorシェアしてね♪↓

関連記事