楽うま!レシピ

簡単・かわいい♪手作りバレンタインレシピ特集

 今年も、2月14日のバレンタインデーが近づいて来ました。手作りをすると決めていても、チョコレート、ケーキ、クッキー、、、と選択肢が多すぎて、何を作ろうか悩みますよね。また渡す相手や、人数によっても、種類や量が違ってくるので、さらに困っている方も多いのではないでしょうか?

 そこで、今回はバレンタインにとっておきのお菓子と、ランチやディナーにおすすめのレシピをご紹介します♪
どれも、『作って楽しい♪もらって嬉しい♪食べて美味しい♪』レシピなので、ぜひ今年のバレンタインデーに作ってみて下さい!

『バレンタインデーがわかる!』由来や、チョコを渡すようになった意外な理由も、あわせてご紹介します♪

目次

バレンタインデーの由来
【シャカシャカクッキー】のレシピ
【ココアマフィン】のレシピ
バレンタインデーのごはんレシピ

献立アプリの決定版!ソラレピアプリで夕飯解決

 バレンタインデーの由来

バレンタインデーとは?【起源・由来】

ローマ帝国時代、当時の皇帝は、愛する人を故郷に残した兵士は士気が下がるという理由で、兵士たちの結婚を禁止していました。
しかし、それをかわいそうに思ったキリスト教の司祭ウァレンティヌス(聖バレンタイン)は、内緒で兵士たちの結婚式を行っていました。
そのことが皇帝に知られ、ウァレンティヌスは「二度としないように」との命令を受けましたが、従わなかったため、処刑されてしまいました。
ウァレンティヌスが処刑された日が、2月14日であったことから、この日が「バレンタインデー」となりました。

「バレンタインデー」が、『愛の日』として知られているのは、「バレンタインデー」が出来るより前から、2月15日に「ルペルカリア祭」という安産と豊年を願うための祭りがあり、その前夜祭は男女の出逢いの場として楽しまれていたためです。「ルペルカリア祭」は、家族と結婚の女神「ユーノの祝日」とも関係があったことから、2月14日は「愛にまつわる祭日」として知られ、そこにバレンタインが加わり、『愛の日』となったのです。

チョコレートを渡すようになったワケ【理由】

そもそもバレンタインデーに、『女性から男性にチョコレートを贈る』というのは、日本独自の風習です。海外でも贈り物をすることはありますが、男性から女性であったり、贈るものも様々です。

 では、なぜ日本ではチョコレートを贈るようになったのでしょうか?諸説ありますが、お菓子業界とデパートが仕掛けたものだったようです。
チョコレートを贈るようになったのは、チョコレートを売るための広告がきっかけで、その後、風習として広まっていったということです。

簡単!手作りお菓子レシピ

シャカシャカクッキー

ふるとシャカシャカと音がする、インパクト抜群のクッキーです♪
 余った生地は、型抜きして焼けば、同時にたくさんのクッキーを作ることも出来ます!
 中のアラザンは、お好みでアレンジ出来るので、ハートや星などのシュガーと組み合わせて、他と差がつくオリジナルクッキーを作ってみてはいかがでしょうか!

1927

■材料 ≪8枚分≫
・無塩バター……75g
・粉砂糖……45g
・卵……50g
・アーモンドプードル……22g
※小さなお子様には、アーモンドプードルなしでも○
・薄力粉……150g
・ベーキングパウダー……0.4g
・パラチニット……100g
・アラザン……適量
・チョコペン……適量

■作り方

1.ボウルに、常温にもどした無塩バターを入れ、木べらでやわらかくなるまで混ぜ、粉砂糖を数回に分けて加えかき混ぜる

(1927_p01)

1927_p01

 2.溶いた卵を「1」に少しずつ加え、さらにアーモンドプードルを加えて混ぜ合わせる

(1927_p02)

1927_p02

 3.ふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを「2」に加えて混ぜ合わせ、混ざったらラップで包み冷蔵庫で1時間程寝かせる

(1927_p03)

1927_p03

4.「3」の生地を麺棒で2~3mmの厚さに伸ばし、クッキー型で抜き、170度に予熱したオーブンで13分焼く

(1927_p04_1)

(1927_p04_3)

5.パラチニットを鍋に入れ、強火で溶かしたら「4」のクッキーをアルミホイルの上に並べて穴部分に注ぎ入れ、完全に冷めたらアルミホイルから外す

(1927_p05_1)

1927_p05

6.「5」の穴部分に、お好みのアラザンを入れ、クッキー部分に接着用のチョコペンを塗り、もう1枚のクッキーをくっつける

(1927_p06_1)

(1927_p06_2)

1927_p06

レシピ提供:ソラレピ

\\シャカシャカ動画、公開中//

ココアマフィン

バレンタインにピッタリのココアマフィンです♪
 マフィンの中には、なんと!イチゴのソースが!!生クリームの上にのったイチゴ&マフィンの中のイチゴソースが、贅沢でかわいいスイーツです。 

1929

■材料 ≪6~7個分≫
 【材料A】
イチゴ……100g
砂糖……30g
レモン汁……10g
・無塩バター……20g
・ミルクココア……27g
・卵……50g
・ホットケーキミックス……200g
・牛乳……130g
・生クリーム……100ml
・砂糖……9g
・イチゴ……6~7個(マフィンの数分)

■作り方

1.鍋に【材料A】を入れて混ぜ合わせ、15分ほど置いておく

2.耐熱容器にバターを入れて、600Wの電子レンジで10秒ずつ加熱し、溶かす

3.「1」の溶かしバターが熱い内にミルクココアと混ぜ合わせ、卵を加えて混ぜる

4.ホットケーキミックスを加えて、牛乳を少しずつ加えながら滑らかになるまで混ぜたら、マフィンカップに流し込む(6~7分目まで)

5.170度に予熱したオーブンで20分焼く

6.「1」の鍋を中火にかけ、とろみがつくまでかき混ぜながら加熱し、イチゴソースを作る

7.ボウルに生クリームを入れて、冷やしながら泡だてる。少し泡立ってきたところで数回に分けて砂糖を加えながら混ぜ、角が立つまでしっかりと泡立てる

8.「6」のマフィンの粗熱が取れたら、真ん中をスプーンでくり抜き「2」のイチゴソースを入れ、「7」の生クリームで蓋をする

9.マフィンの表面に生クリームを絞り、イチゴをのせる

レシピ提供:ソラレピ

バレンタインデーのごはんレシピ

バレンタインデーに贈るのは、チョコレートや、お菓子だけじゃない!!
甘い物が苦手だったり、まだチョコが食べられない小さなお子様には、ごはんで気持ちを伝えましょう♪
いつもの食卓が、ちょっとの工夫で、ハートがいっぱいの食卓に変わりますよ

ハートオムライスハートオムライス

タマネギやニンジンを小さく切って入れ、やさしい味に仕上げました!
見た目にもかわいいオムライスは、お子様のハートを射止めること間違いなしです♪

<<レシピはこちら>>

スタッフド・バケットスタッフド・バケット

ハートのソーセージが、なんともかわいい一品です♪
ハートのソーセージは、意外と簡単に作れるので、スープなど他のお料理にも応用出来ますよ!

<<レシピはこちら>>

クラムチャウダークラムチャウダー

手作りのハート型クルトンは、バレンタインデーにぴったりです♪
クルトンなので、サラダや、スープなど色々な料理に合わせられますよ♡

<<レシピはこちら>>

ロールキャベツロールキャベツ

ハート型のニンジンを一緒に煮込んだ、野菜たっぷりのロールキャベツです♪型抜きで余った野菜も一緒に包みこむことで、余すことなく使うことができますよ!

<<レシピはこちら>>

いかがでしょうか?どれも人気の食材を使ったおすすめのレシピですので、バレンタインデーには、ぜひおためし下さい!!

献立アプリの決定版!ソラレピアプリで夕飯解決

関連記事