冷凍方法

じゃがいもの冷凍方法と保存期限や食感などまとめ【野菜の冷凍保存】

目次

※全て、実際に検証した結果なので、ご安心ください。

おいしい冷凍野菜販売中

じゃがいもの冷凍保存方法

≪冷凍おすすめ度≫★★★☆☆

生のまま冷凍
  • サツマイモを使いやすい形にカット。細切りやくし切りなど火の通りやすいカットがオススメ。
  • 水気をしっかりと拭き取り、フリーザーバッグに重ならないように入れ、空気を抜いて密閉する。
マッシュポテトにして冷凍
  • じゃがいもを電子レンジ加熱や茹でて、マッシュポテト状にする。
  • 粗熱がとれたら、フリーザーバッグに入れて平らにならし、空気を抜いて密閉する。
  • ※コロッケ用であれば、予め具材も混ぜて冷凍した方がより便利です。

※アルミトレイなどの上で冷凍すると急速冷凍効果有り

解凍後の食感・味

<生のまま冷凍>
調理法によっては多少ザラザラ感がありますが、細切りやくし切り程度であれば、そこまで気にならない食感を維持できます。
<マッシュポテトにして冷凍>
特に食感・味に劣化なく食べられます。解凍時に電子レンジを使用すると、外側が硬化する場合があるので、密閉して解凍しましょう。

冷凍じゃがいものおすすめ調理法

<生のまま冷凍>
【炒め】細切りにしたじゃがいもは、炒め物に向いています。中火でさっと炒めるだけで、ジャキシャキとした食感も残ります。
【煮物/スープ系】くし切りにしたじゃがいもは、煮物やスープ用に向いています。冷凍のまま、煮えた煮汁に加えて数分煮込むだけで火が通ります。
<マッシュポテトにして冷凍>
【レンジで解凍】使用する分のみ、ラップでしっかりと包み電子レンジで解凍します。
【コロッケとして使用】コロッケ用などに調味料や具材と混ぜ合わせたマッシュポテトであれば、俵型の状態で冷凍しておけば、自然解凍や電子レンジで短めに解凍してから衣をつけて揚げることで、時短調理が可能です。

保存期限

およそ1カ月を目安に使い切りましょう。

おすすめレシピ

『巣ごもり卵』
細切り冷凍じゃがいもで手軽に作れます。

巣ごもり卵

レシピはこちら

関連リンク

関連記事