基本の料理

簡単で美味しいペペロンチーノの作り方

シンプルだけど奥深いパスタ

パスタ料理の中で最もシンプルなペペロンチーノ。シンプルであるがゆえに、意外と味付けが難しく、なかなか上手く行かない場合も多い料理です。そこで今回は基本のペペロンチーノの作り方を丁寧にポイントをまじえて解説いたします。さっぱりとした味付けなので、アレンジがしやすく、様々な材料との相性も良いパスタ料理なので、ここで基本を押さえてオリジナルな究極のペペロンチーノを完成させてみてはいかがでしょうか。また、最後にネット上で流行したアレンジレシピもご紹介いたします。

献立アプリの決定版!ソラレピアプリで夕飯解決

ペペローンチーノに欠かせない「乳化」って?

「乳化」とは簡単に言うと、水と油が混ざりあった状態のこと。もともと混ざりあわない水と油をドレッシングのように振って合せたり、タンパク質やデンプンなどに代表される界面活性剤の効果で安定して混ざりあうようにしたものを乳化と呼びます。パスタの茹で汁にはパスタから流れ出た小麦粉のデンプンやタンパク質が含まれており、それが界面活性剤となってオリーブオイルとざり合うことで、より塩味が美味しく感じられます
「界面活性剤」という単語でお気づきかもしれませんが「乳化」は食品の世界だけでなく、洗濯用洗剤や乳液、ファンデーション等にも活用されています。

ペペロンチーノは絶望的?!

ペペロンチーノは、イタリア語で「アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ」と呼ばれています。「アーリオ」はニンニク、「オリオ」は油、「ペペロンチーノ」は唐辛子をそれぞれ意味する単語で成り立っていますが、時に「絶望のパスタ(Spaghetti alla disperata)」と呼ばれる場合もあります。
これは、パスタ、ニンニク、油、唐辛子しか使わない料理のため、「絶望的」な状況でも作ることができるというユーモアを込めた呼び方です。日本のレストランでも実際に、この名称でペペロンチーノを販売しているのをたまに見かけますね。

基本のペペロンチーノの作り方

ペペロンチーノの作り方
<材料(1人分)>

 1L
 10g
パスタ 150g
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク(みじん切り、または薄切り) 1片
唐辛子 (半分に切って種を除く)1本
 少々(0.2g)
パセリ (お好みで)

ペペロンチーノの材料


<作り方>
1.鍋に水を沸かし、沸騰したら塩を加えてパスタを茹でる(袋の表示の1分前まで)
パスタを茹でる
塩はたっぷり10g加えましょう。麺ののびを防止できる他、しっかりとした味付けにもなります。

2.パスタを茹でている間にフライパンにオリーブオイルをしき、弱火にかけ、ニンニク、唐辛子をじっくりと焦がさないようにニンニクが色づくまで炒める
ニンニクと唐辛子の香り出しをする
3.茹であがったパスタを「2」のフライパンに加えて中火にかけ、茹で汁をお玉1杯分弱ほど加えて混ぜて乳化させたら塩をふる
乳化させる
茹でた時の塩気で味がわりとついていますが、ここで味見をしつつお好みのしょっぱさに調整してください。

4.器に盛り、お好みでパセリをふる
器に盛る

おすすめ美味しいパスタレシピ

ペペロンチーノの作り方アレンジ!

一時期話題となった、ペペロンチーノの麺を別のものに代用する○○ペペローンチーノをいくつかご紹介いたします。とても簡単で美味しいので、ぜひお試しください!

蕎麦ペペロンチーノ

パスタの代わりに蕎麦を使って作る和風な一品。一見意外な組み合わせですが、蕎麦のコシが乳化したオイルによく絡まって美味しいです。

焼きそばペペロンチーノ

こちらは一番簡単とされるペペロンチーノで、ニンニクと唐辛子を香り出しした後に焼きそばを加えて、白ワインまたはお水を大さじ2(一人分あたり)加えてほぐし、1~2分ほど蒸し焼きにして完成です。麺を茹でる手間が省けるので、焼きそばが余ってしまった時などに便利です。

素麵ペペロンチーノ

素麵の場合は茹で時間の半分ほどで湯を切り、フライパンで手早く混ぜます。麺が大変細いので味馴染みが一番良く、コストパフォーマンスも高いです。とてもくっつき安いので、心配な場合は茹でた後に冷水でぬめりをとるのがオススメです。

献立アプリの決定版!ソラレピアプリで夕飯解決

関連記事