お役立ち

鶏の唐揚げの作り方と柔らかくするコツ、気になるカロリーまで

お弁当おかずの定番、唐揚げ。とっても簡単なおかずですが、下味や衣ってどうすればいいんだっけ?油の温度は?と初めて作る時は意外とわからないことだらけ。そこで、今回は唐揚げの基本の作り方をご紹介いたします。
また、肉がいつも固くなってしまう方必見の肉を柔らかくするテクニックもご紹介です。

献立アプリの決定版!ソラレピアプリで夕飯解決

気になる唐揚げのカロリーは?

唐揚げに通常使用する鶏モモ肉は、鶏肉の中でも脂質が多い部位。さらに油で揚げているので、カロリーは比較的お高めです。ソラレピに掲載されている普通の唐揚げを例にあげて見てみますと、鶏肉120g<1人4~5個>で313kcal

カロリーや脂質が気になる方は、鶏モモ肉の皮を取り除いたり、衣にうっすらと油を塗って、トースターなどで焼きあげると油の吸収率を抑えて低カロリーに仕上げることができますので、ぜひお試しください。

唐揚げを柔らかくするテクニック

唐揚げのお肉を柔らかくする、様々な小技をご紹介。どれも簡単に挑戦できるものばかりなので、ぜひお試しくださいね。

フォークで穴を空けて酒に漬ける

調味料に漬け込む前に、フォークなどで鶏肉全体に穴を開け、酒に漬ける方法です。味の染み込みも良くなるので、一挙両得な方法ですね。

水に漬ける

調味料に漬け込む前に、水に10分ほど漬けておくと鶏肉が水分を吸収して、揚げた時に水分だけが蒸発することで肉が柔らかくなる方法です。

塩麹に漬ける

調味料に漬け込む際に、塩麹を一緒に入れて漬けこむ方法です。塩麹に含まれる酵素がお肉のタンパク質に作用してお肉が柔らかくなるようです。

マヨネーズに漬ける

調味料を漬け込む際に、マヨネーズを一緒に入れて漬けこむ方法です。マヨネーズに含まれる酢がお肉のタンパク質に作用して柔らかくなるようです。

大根おろしで煮込む

鶏肉のおろし煮

調味料に漬け込む前に漬けてもOKですが、唐揚げを普通に調理した後に大根で煮ることでも、大根に含まれる酵素の作用でお肉が柔らかくなります。実際のレシピもありますので、ぜひ柔らかな唐揚げをご堪能ください。

レシピはこちら


基本の唐揚げの作り方

唐揚げの作り方・レシピ

<材料(2人分)>
鶏肉(モモ) 240g

【調味料A】
 小さじ1
醤油 小さじ1
 少々
すりおろしニンニク 小さじ1
すりおろしショウガ 小さじ1

小麦粉 大さじ1
片栗粉 大さじ3
 適量


<作り方>
1.ビニール袋に鶏肉と【調味料A】を入れてもみ込み、15~20分程冷蔵庫に入れる。
鶏肉を調味料で揉み込む

2.「1」のビニール袋に小麦粉・片栗粉を入れてまぶす。
鶏肉に衣をまぶす

3.160~170℃に熱した油できつね色になるまで揚げて、油を切る。
160~170℃の油で揚げる

唐揚げの作り方動画

おすすめ鶏肉レシピ

献立アプリの決定版!ソラレピアプリで夕飯解決

↓作ってみたい♪と思ったらブクマorシェアしてね!↓

関連記事